関西アーバン銀行-平成29年月29日までキャンペーン金利:年1.40%~

全国対応のマイカーローン【関西アーバン銀行:マイカーローン】が期間限定でキャンペーン金利適用中です。

【キャンペーン金利】

変動金利型:年2.70%~年3.80%
↓↓↓↓↓
変動金利型:年1.40%~年3.30%

固定金利型:年2.45~年3.55%(返済期間が5年以内の方)

固定金利型:年2.60~年3.70%(返済期間が5年超の方)

↓↓↓*詳細は画像をクリック*↓↓↓

金利キャンペーン実施期間:平成29年4月3日(月)~平成29年9月29日(金)

【特徴1】
借入れ目的は、新車・中古車の購入はもちろん、教習費用・車検・修理・キャンピングカー・レジャーボートの購入にも利用できます。

【特徴2】
他社自動車ローンからの借り換えもOK!

【特徴3】
担保なしで最高1,200万円まで融資可能。
他社マイカーローンと比較すると融資金額が高く設定されていて、最高1,200万円というのは高額の自動車購入にも利用しやすいです。

【特徴4】
申し込みから融資まで来店不要。
電話・インターネット・FAX・郵送などで手続きを進められるので、平日が忙しい人も利用しやすいです。

詳細はこちら>>関西アーバン銀行マイカーローン

 

 

関西アーバン銀行マイカーローン:保証料込みで金利2.7%から【全国対応】

平成29年9月29日(金)まで金利キャンペーン実施中!
詳しくはコチラから

関西アーバン銀行

保証料込みで【金利:年2.7%~】という低金利マイカーローンで人気の関西アーバン銀行マイカーローン。

関西アーバン銀行は三井住友銀行グループの地銀ですが、インターネットでのオンライン申込みは全国対応で借入れが可能です。

【金利情報】

審査結果によって適用する融資利率はこちらになります。

■変動金利
・年2.70%~年3.80%

■固定金利
・返済期間(5年以内):年2.95%~年4.05%
・返済期間(5年超) :年3.10%~年4.20%

保証料はご金利に含まれています。

変動金利と固定金利の2種類から選べます。

一般的に変動金利が多いマイカーローンの中で、支払い計画が立てやすい固定金利が用意されているのは嬉しいですね。

 

【融資金額・限度額】

50万円以上1,000万円以内(1万年単位)

こちらも上限が1,000万円まで申し込みが可能で、1万年単位で借入金額が設定できるのも無駄な借入れをしなくてすむので助かります。

 

【資金使途】

  • 自家用車購入(新車&中古)
  • バイク(251cc以上)
  • 他社から借入れ中のマイカーローンの借り換え
  • レジャーボート(新艇&中古艇)
  • 教習、車検、修理など車による費用

 

【お申込み頂ける方】

  • 満20歳以上満65歳未満の方
  • 継続して安定した収入がある方
  • 保証会社の保証が受けられる方

 

【保証人・担保】

保証人:原則不要(保険会社を利用)
担保:不要

 

【申し込み】

申し込みは公式サイトよりオンライン申込みが可能です。

店舗は関西エリアを中心に一部関東・中部エリアに店舗があります。

近隣に店舗がない場合は、取り扱い希望店を「いちょう並木支店」を選択すれば全国どこからでもお申し込みが可能です。

保証料込みで年2.7%からの低金利マイカーローンとして多くの方が利用しています。

★詳細はコチラから>>関西アーバン銀行マイカーローン

 

 

今はマイカーローン金利が安いかどうか?

金利優遇キャンペーン

金利優遇キャンペーン

少し前にマイナス金利政策が発動されたりイギリスがEU離脱を決めたり、経済動向に大きなインパクトを与える出来事が起こっています。

ここ数年ほど最安値傾向の状態が続いている住宅ローンでも、さらなる金利安の期待が高まっています。

そんな中で、今はマイカーローンの金利は安くなっているのでしょうか?

低金利で人気のインターネット申し込みができる銀行のマイカーローンを調べてみると、意外な結果が分かりました。

いくつかの金融機関で期間限定の優遇金利キャンペーンが実施されています。

 

キャンペーン金利が増えて今は金利が安くなっている!

当サイトでも紹介している低金利で人気のマイカーローンが、こぞって金利引下げキャンペーンを実施しています。

 

1,関西アーバン銀行:マイカーローン

・期間:2016年5月2日(月)~10月31日(月)
・キャンペーン金利:
変動金利型:年1.90%~3.80%
固定金利型:返済期間5年以内 年2.95%~年4.05%
返済期間5年超  年3.10%~年4.20%

通常金利よりも0.8%安いキャンペーン金利となっています。

さらに期間内に申し込みをして、別途実施中の目的型ローン金利優遇キャンペーンの対象先に該当する方は下記の優遇金利が適用されます。

変動金利型:年1.40%~3.30%
固定金利型:返済期間5年以内 年2.45%~年3.55%
返済期間5年超  年2.60%~年3.70%

通常金利よりも1.3%も金利が優遇されます。

詳細がコチラから>>関西アーバン銀行http://www.synctokyo.org/point/291.html

 

2,住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン

・期間:2016年6月15日(水)~9月15日(木)仮申込み分まで
・キャンペーン金利:年1.525%~3.725%

通常金利よりも0.2%安いキャンペーン金利となっています。

詳細がコチラから>>住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン

 

3,しずぎんマイカーローン(繰り返しタイプ)

・インターネット支店限定
・期間:2016年9月30日(金)
・キャンペーン金利:変動金利年1.9%又は2.9%

今だけ年0.5%割引中です。

詳細がコチラから>>しずぎんマイカーローン

 

住信SBIネット銀行や関西アーバン銀行はキャンペーン割引金利は過去にもありましたが、しずぎんマイカーローンはここ最近では滅多にありません。

この時期の金利割引キャンペーンも珍しいので、マイナス金利政策の影響で銀行側が融資を増やしたい状況なのかもしれません。

となると審査にも良い意味で影響があるかもしれませんので、車の購入・買い替えは今がチャンスと言えます。

 

ゆうちょ銀行マイカーローンの金利は安い?

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行のマイカーローンは、スルガ銀行の「オートプラン」を利用することになります。

というのも、ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローンを代理業者としてローン商品を取り扱っているからです。

簡単にいうと、スルガ銀行のマイカーローンをゆうちょ銀行の窓口で申し込んで借りることになります。

★ゆうちょ銀行 オートプラン

【ローン概要】

  • 申し込み:年齢20歳以上70歳以下の個人の方
  • 融資金額:10万円以上500万円以内
  • 融資期間:6か月以上7年以内
  • 金利:固定金利 6.000 %
  • 対象:新車、中古車、輸入車、バイク購入

他の金融機関と金利比較してみると分かりますが、固定金利年6.0%は高いです。

申し込みは「インターネット」「電話」「最寄りのゆうちょ銀行」からできますが、ゆうちょ銀行の取扱店は全国で223店と少ないので注意が必要です。

他社のマイカーローンと比較すると、金利や手続き面で選定から漏れてしまう内容と言えます。

ディーラーローンも含めて借入先に困った場合の選択肢として考えるくらいがいいかもしれません。

残価設定クレジットのデメリットについて

最近自動車メーカーのテレビ宣伝でもよく見かける「残価設定クレジット」という新しいローンがありますよね。

あれって何となくお得に見えるんだけど、本当のところはどうなのでしょうね?

私も半年ぐらい先に車を買い換える予定があるので、本当にお得なのか調べてみました。

結論から言うと、あまりお得な感じはしませんでした。

というのも、私が感じた残価設定クレジットのデメリットはこんなところです。

 

1,下取り価格分が差し引かれた残額にのみ金利がかかっているわけではない。

残価設定クレジットでは、総返済額から下取り価格を差し引いた残額を分割して支払っていきます。

そうなるとローン金利は残額分だけにかかる気がしたんですが、実は総返済額全体に金利がかかっています。

というのも、ローンの最終支払い回に下取り価格分の金額が設定されているからです。

簡単に言うと、最後の支払いだけを多めの金額にしただけのマイカーローンということです。

結局は返済額全体に金利がかかるので、支払いは楽だけど返済額としてのお得感は全くありません。

 

2,返却時の規定がいろいろある

ローンの最終支払い時に、今乗っている車をどうするか選択する必要があります。

その中で新車に乗り換えるにしても車を返却するにしても、契約時に規定された条件を満たしていないと新たに料金が発生する可能性があるのです。

規定される条件は、「走行距離」「事故歴」「傷」などの項目があります。

これらの項目で規定値を超えると、その分だけ料金が発生するわけです。

ということは、自動車に乗っている間は「走行距離」や「傷」にビクビクしながら運転しなければなりません。

レンタカーを借りてる時のあの感じは、楽しく運転することができませんよね。

 

3,名義変更が必要となる

残価設定クレジットでローンを組むと、その車の所有者はディーラー名義となります。

ローン返済期間が終わった時点で返却すればそのままでいいのですが、買取することになると自分名義に変更しなければなりません。

その辺の名義変更をカーディーラーが対応してくれればいいのですが、対応してくれなければ自分で手続きをするのはかなり面倒くさいですよね。

これらのように残価設定クレジットは一見するとお得なローンに思いがちですが、詳細まで確認すると一概にはそうとはいえないことがわかりました。

もちろん自動車メーカーでは顧客の囲い込みのために、この残価設定クレジットを利用してもらおうと金利を低くするキャンペーンを実施していたりします。

また、残価の設定によっては乗り換えや返却をする場合に有利になることもあるので、その辺まで含めて良い条件であれば利用する価値はあると思います。

詳細を知りたい人はホンダファイナンスの説明がわかりやすいので、一度公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

ネット銀行で低金利のマイカーローンはコチラ

マイカーローンで低金利の借入先を探すなら、銀行系の用途限定ローンをチェックしてみてください。

用途限定ローンとは、お金を借りたときの使い道を決められているローンです。

住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどが有名です。

この用途限定ローンの何がいいかというと、使い道が自由なフリーローンと比較して金利が安いことです。

銀行でもフリーローンの場合は、金利が年6~9%程度が相場となります。

一方、用途限定ローンのマイカーローンの場合は、年3%~5%前後が相場となり半分近い金利で借り入れすることが可能です。

銀行系用途限定ローンがお得なことを説明してきましたが、さらに最近注目なのはネット銀行のマイカーローンです。

ネット銀行の魅力の一つに「低金利の金融商品」を提供していることがあります。

ネット銀行は店舗を持たないことから、店舗運営費や人件費などコストが抑えられるので金利を低く設定することができます。

また、 WEB 申し込みなので、24時間365日いつでも申し込むことができます。

これが銀行の窓口申し込みだと、平日の9時から15時までしか申し込みができません。

しかも来店する必要があり、平日は忙しい人にとってはかなり申し込みにくいですよね。

このようにネット銀行のマイカーローンは、低金利で申し込みがしやすいと多くの人が利用するようになっています。

中でも【住信 SBI ネット銀行の Mr.自動車ローン】は金利が年1.775%~と、銀行の用途限定ローンと比較してもかなり低金利であることがわかります。

Mr.自動車ローンの公式サイトでは「仮審査」を受けることもできるので、ローン審査に自信がない人は一度お試しください。

もちろん仮審査に通ったからといって、必ずローンに申し込まなければならないことはありません。

キャンセル料なども発生しませんので、お気楽に仮審査に申し込むことができます。

もちろん条件が良ければ、そのまま本審査に進んでローンの借入手続きを進めていくこともできます。

今マイカーローンを検討するならば、ネット銀行のマイカーローンが「低金利&来店不要」でおすすめです。

住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローンはこちらのページで紹介しているのでご確認下さい。

★詳細はコチラ>>マイカーローン金利比較@金利が安いと評判のマイカーローン特集!

★公式サイトはコチラから>>住信SBIネット銀行:Mr.自動車ローン