ローン選びのコツ

「銀行系」orディーラー系?あなたにオススメのマイカーローンを見極めます!

更新日:

どっちがイイ?

マイカー購入を予定していて「マイカーローンはどこがいいか?」って検索している方に、失敗しない借入先の選び方を紹介しています。

マイカーローンの借入先として思い浮かぶのは、
・銀行
・ディーラーローン
・ろうきん
・農協(JAバンク)
などがあります。

中でも多くの人が借入先として真っ先に考えるのが、

  • 給与振込などで利用している銀行
  • 車を購入するカーディーラーで紹介されるディーラーローン

のどちらかです。

理由は「借りやすそう」だからです。

ローンを組むのって面倒くさそうなので、簡単に手続きできるなら「それでいいか」と思ってしまう人も少なくありません。

複数の借入先候補を自分で比較して調べる人は多くないんですよね。

 

金利比較だけでマイカーローンを決めてはいけない理由

複数の金融機関を比較する人でも、つい金利だけで比較しがちです。

もちろん総返済額に関係している金利の違いは、優先順位の高い項目です。

しかし、その他にも銀行マイカーローンとディーラーローンには違いがあるので、しっかりと内容を把握しておくことが大切です。

 

【所有権】
・銀行ローン:自分の所有になります
・ディーラーローン:ローン完済まではディーラーに所有権があります

所有権ってあんまり関係ないかと思いがちですが、ローン完済後に名義変更の手続が必要になったりする手続きがちょっと面倒です。

完済前に車を買い換える事になった場合や誰かに譲渡する場合も手続きが煩雑です。

 

【審査】
銀行:車種決定前でも審査を受けられる(一部受けられない銀行もあり)
ディーラー:車種決定後しか審査は受けられない

どこのマイカーローンがいいかを比較するのに、ある程度時間は欲しいですよね。

銀行でマイカーローンの申し込みをする場合は、注文書ではなくディーラー見積もりなどが提出できれば審査を受けることはできます。

一方でディーラーローンの場合は車種を決定してからでないと審査を受けることができません。

審査時間はディーラーローンの方が圧倒的に早いし、審査に通過する確度も銀行ローンよりは高いケースが多いです。

もちろんその分、金利は高めの設定になる傾向にあります。

 

【金利】
銀行とディーラーローンでは銀行の方が金利は安く設定されている場合が多いです。

その分審査は厳しくなる傾向にあり、審査時間も1週間程度と時間が掛かります。

銀行では一定の条件を満たすと優遇金利が適用されて、低金利で設定されている金利がさらに低くなるサービスもあります。

まだ、どちらも自動車メーカーの決算期(2月~3月・8月~9月)やボーナス商戦(6月・12月)に併せて、金利引下げキャンペーンなどを実施することもあります。

購入時期やタイミングによっては、通常金利よりもお得にお金を借りることができるますので、キャンペーン情報は幅広く収集しましょう。

 

【保証料】
金利とは別に保証料が発生する場合があります。

最近は銀行系マイカーローンは保証料込みで金利に含まれているローン商品が増えてきました。

一方でディーラーローンの場合は、別途保証料が必要になる場合が多いです。

また、保証料は一括払いと毎月払いの2パターンがありますので、一括払いの場合は購入時に保証料を一括して払う必要がありますのでご注意を。

 

【手続き】
ディーラーローンの一番のメリットは、手続きをディーラー担当者に手伝ってもらえるから楽ということです。

もともと必要書類も少ないですし、ある程度のことはカーディーラーの担当が手伝ってくれます。

というのも、カーディーラーの担当さんもディーラーローンの審査が通らないと車が売れないからです。

それにディーラーローンを紹介すれば、バックマージンがカーディーラーに入る場合もあります。

そのため、親切に借入れのサポートをしてくれるのです。

銀行マイカーローンは複数の必要書類が必要になったり、店頭窓口が平日の9時~15時までしか受付をいていないなど不便な面もあります。

平日に銀行へ行けない方のために土日受け付けをしてくれる銀行や、郵送・FAX・メール・電話でのやりとりで来店不要で借入れができる銀行も登場してきました。

 

【仮審査】
ディーラーローンになくて銀行ローンにあるサービスとして、仮審査があります。

仮審査については、こちらのページで詳しく紹介しています。

>>マイカーローンの仮審査について

仮審査を利用すると、万が一審査落ちしても信用情報機関にその実績は掲載されません。

自分の信用状態で金融機関からお金を借りられうかどうか事前に知るためにとても助かるサービスです。

もちろん仮審査に申し込んで通過しても、必ずそのマイカーローンを借りなければいけないことはありません。

無料でキャンセルできるので、お気楽に申し込むことができます。

 

信用力の違いで選ぶおすすめの借入先とは

【まとめ】
で、結局どっちのマイカーローンがいいの?ってことですが、

・信用力(与信)に自信がある人⇒銀行系マイカーローン
・ちょっと自信がない人⇒ディーラーローン

ということになります。

信用力や与信は、年収・勤務先・勤続年数・他社借入状況・住居などいくつもの条件で算出(スコアリング)されます。

項目 内容
年収 利用条件として前年度年収が設定されているが、あくまでも最低年収の目安となる。
【例】損保ジャパン日本興亜=前年度年収280万円以上、三菱UFJ銀行=前年度年収200万円以上
年収差はスコアに与える影響が大きくなる重要項目。
勤務先・職業 勤務先は倒産の可能性が低い大手企業や公的機関ほど信用力が高い。
職業は公務員・医師・弁護士など、収入が多く安定しているほど評価は高い。
職業(雇用形態)の違いも、スコアに与える影響が大きくなる重要項目。
勤続年数 勤続年数は長い方が有利だが、特に5~6年目までは1年毎のスコア差が大きい傾向にある。
他社借入状況 借入先は「消費者金融>信販・カード会社>銀行」の順でマイナス要素は少なくなる。
銀行からの借り入れは審査クリアの実績なのでマイナス要素は少ない。
借入額は大きいほどマイナス要素となるが、借入先によってスコアに与える影響は異なる。

信用力の高い人は、絶対に銀行でローンを組んだ方がお得です。

金利が安いということもありますし、今後の住宅ローンや教育ローンなどを借りる場合の実績作りにもなります。

ディーラーローンと比べると自分で手続きすることが多くなるのがデメリットですが、「金利が安い、借り入れ実績ができる」などメリットの方が大きいです。

 

一方で信用力に自信がない人は、少し金利は高くなりますがディーラーローンを借りることをオススメします。

借りたくても借りれない銀行に審査を申し込んで信用情報を汚すよりも、いろいろと融通を効かせながら対応してくれるディーラーローンでの借入れが現実的です。

自分の信用力・与信状態に応じた借入先を検討することをオススメします。

もし自分の信用力が分からない場合は、WEBから申し込める銀行の仮審査を受けてみることをオススメします。

これなら審査落ちしても信用機関に傷は付きませんし、万が一審査に通過したらそのまま借りてもいいし嫌ならキャンセルしても大丈夫です。

全国対応で保証料込みで低金利のマイカーローンが人気の「しずぎんマイカーローン」で一度仮審査をお試し下さい。

詳細はこちら>>しずぎんマイカーローン

 

 

-ローン選びのコツ

Copyright© マイカーローン金利比較@金利が安いと評判のマイカーローン特集! , 2019 All Rights Reserved.