ディーラーローンで借りるメリットってあるの?

ディーラーローンで買った車

カーディーラーから車を購入すると、ディーラーローンを勧められることがあります。

このディーラーローンは、銀行系マイカーローンと比較すると一目で金利が高いと分かるくらい金利は高いです。

なので金利比較だけで考えると、ディーラーローンを選択することは先ずありません。

しかし、中にはディーラーローンでお金を借りた方がいい人もいるので、自分の特徴を理解したうえで検討するようにしましょう。

では、ディーラーローンを利用した方がいい人ってどんな人でしょうか?

 

■信用力(返済能力)に心配がある人

お金を借りるには審査を受けないといけません。

金融機関は、申込時に入力される下記の項目などをチェックして審査を行います。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年収
  • 他社借入額
  • 返済履歴

年収と他社返済額から返済能力を試算し、他社借入額なども加味して借入可否の結果を出します。

審査に通ってお金を貸せることになっても、信用力に応じて返済可能金額や金利が変わってくることもあります。

つまり返済能力が高くないと判断されると、審査に落ちたり、審査に通っても高い金利でお金を借りることになります。

そういう意味では審査が厳しい傾向にある銀行系のマイカーローンでは、有利な条件でお金を借りることができない人も多いです。

 

しかし、ディーラーローンの場合は、借入先は信販会社となることが多いです。

信販会社はメリットとして、銀行と比較すると審査時間も早く審査に通りやすい傾向にあります。

購入する車を担保に設定するので、審査に通りやすくなるのです。

しかし、デメリットとして金利が高い設定となります。

銀行ではお金が借りられなかった場合に、ディーラーローンで審査を受けてみるとお金を借りられるケースも珍しくありません。

 

■審査時間が待てない人

先ほども書きましたが、ディーラーローンは審査時間が早いというメリットがあります。

申し込んでから1時間もしないうちに、審査結果が分かる場合もあります。

銀行系マイカーローンの場合は、申し込みから融資まで3~4週間程度の時間が必要となります。

納車まで時間が無かったり、どうしてもすぐに納車して欲しい場合などは、ディーラーローンで資金の融資を受けることをオススメします。

 

■条件次第で総支払総額を一番安くすることができる

銀行系マイカーローンと比較すると金利が高いので、ローンの返済総額だけを考えると銀行系ローンの方がお得です。

しかし、ディーラーローンはディーラー経由で申し込むために、車購入の担当であったディーラー担当者と打ち合わせをすることができます。

ということは、ディーラーローンで金利が高くなった分を、車両本体価格やオプション費用から値引きで相殺してもらうことも交渉次第で可能です。

カーディーラーはディーラーローンを利用してもらうことで、バックマージンや手数料を得ることができます。

そのマージンを元手に値引きに対応してくれることもあるんです。

信販会社とカーディーラーの間で、ディーラーローンの提携ノルマが設定されている場合もあります。

その時のタイミングや状況に応じて違いますが、ディーラーローンと車両本体価格・ディーラーオプションを含めて交渉できれば結果的にお得になる場合もあります。

 

これらのようにディーラーローンを利用した方がいい人やケースもあるので、銀行系マイカーローンだけでなくディーラーローンも借入先の選択肢として考えてもいいかもしれません。

ディーラーローンにはデメリットもいくつかあるので、そちらも含めて検討してみてください。

 

【ディーラーローンのデメリット】

・車が決まってから出ないと、審査に申し込みできない
・金利に加えて保証料や保証人が必要になる場合もある
・ローンを完済するまで所有権はディーラーにある

 

自分がお金を借りることができる金融機関の中から、最も総返済額が少なくなるマイカーローンを見つけることが大切です。

ディーラーローンは金利が高いというだけで最初から敬遠をするのではなく、全体の費用や返済シミュレーションをしてみましょう。

 

 

全国対応のマイカーローンで金利が安いランキングはコチラ!

全国対応のマイカーローン

全国対応のマイカーローン

「さあ、これからマイカーローンの借入先を探すぞ!」という場合に、大半の方は
・給料振込口座のある銀行
・ディーラーに勧められた金融機関
などに申し込んでいるようです。

身近な情報のみで、何の疑問も無しに借入先を決めてしまっているのです。

このサイトに来られた方はそんなことはないと思いますが、知らず知らずに高い金利でお金を借りてしまう人が意外に多いんです。

ちょっと「マイカーローン 金利 安い」とググれば低金利のマイカーローンが見つかるんですけどね。

探せば安い金利のローンがあることを知らないんです。

それに金利のことだけでなく、もう一つ重要なことに気付いていない人が多いです。

 

それは他県の銀行のマイカーローンを利用できるということです。

例えば、静岡銀行のマイカーローンを静岡県以外の人で静岡銀行の口座を持っていなくても申し込みすることができるんです。

仮審査の申し込み時点では口座を持っている必要がなく、仮審査後の本申込時に同時に口座開設手続きをすることになります。

静岡銀行の支店や営業所が近隣にない方もインターネット支店で口座を作るので、パソコンでもスマホで公式サイトにアクセスできる環境があればも大丈夫です。

審査に必要な書類はメール・FAX・郵送で送付すれば大丈夫です。

審査の結果はメールか電話で連絡がくるし、審査に通ればあとは決められた口座に振り込みがあります。

このように全然関係ない地域の銀行でも、インターネットを活用すれば利用することができるんです。

全国対応のマイカーローンは、地方銀行以外にもいくつかあります。

最近ではJAバンクやろうきん、損保ジャパン日本興亜もマイカーローンを提供しています。

中でも「損保ジャパン日本興亜のジャパンダ・ネットマイカーローン」は、低金利で人気です。

 

全国対応のマイカーローンとしては、地銀だけでなくネットバンクも利用することができます。

ネットバンクという名前の通り、インターネット経由で申し込みなどの手続きを進めることができます。

基本的に店舗を持たない形態の銀行なので、全国どこからでもWEBから申し込み可能です。

しかし、ネットバンクの短所としては、マイカーローンとして商品化している銀行が少ないことです。

住宅ローンは取り扱っていてもマイカーローン商品はなくて、フリーローンなどで代替えしているケースが多いです。

ネットバンクには
楽天銀行
ソニー銀行
住信SBIネット銀行
じぶん銀行
などがありますが、低金利で利用しやすいマイカーローンを提供しているのは住信SBIネット銀行のMr.自動車ローンだけです。

 

ネットバンクは店舗を持たないために、店舗運営費用や人件費などのコストを抑えることができます。

その分だけ金利を低く設定できるのが特徴です。

マイカーローンの借入先として、一度チェックしてみてください。

仮審査に申し込んでで審査に通れば、資金の見通しが先につくので安心して車選びを進められます。

また、購入先のディーラーローンと比較することができるので、よりお得な金利を選択することができます。

最終的に他のローンを利用することが決まれば、仮審査はキャンセルすることが可能です。

もちろんキャンセル料などは発生しませんので、何のデメリットもありません。

 

全国対応のマイカーローンで低金利で利用しやすいランキングは下記になります。

1,静岡銀行マイカーローン

2,損保ジャパン日本興亜マイカーローン

3,住信SBIネット銀行

 

住信SBIネット銀行Mr.自動車ローンは金利設定は安いですが、別途事務手数料が2%(税別)必要となります。

その点でいくと保証料込みの静岡銀行や関西アーバン銀行がオススメです。

マイカーローン審査で簡単診断ができる金融機関はある?

簡単診断できるマイカーローン

簡単診断できるマイカーローン

マイカーローンで審査に通るかどうかをすぐに知りたい人は、「マイカーローン 審査 簡単診断」とググッて検索するようです。

銀行マイカーローンの審査を受ける時に、入力項目が多過ぎると嫌になっちゃうんですよね。

フリーローンのキャッシングみたいに、入力項目も少なくて「簡単に審査を受けられればいいのになぁ~」って思う人が多いようです。

 

マイカーローンの申し込みには、銀行窓口で申し込む方法とインターネット経由で申し込む方法の2タイプがります。

銀行で窓口から申し込むとなると、平日の銀行営業時間中でないと申し込みすらできないです。

それではあまりにも不便なので、最近ではインターネット申し込みが普及してきました。

銀行などの金融機関でも、ネット経由なら24時間いつでも申し込みができるようになっています。

中にはしずぎんマイカーローンや常陽銀行マイカーローンのように「5秒診断」できるマイカーローンも登場しています。

「5秒診断」というとキャッシングのような簡単診断だと思うかもしれませんが、5秒診断で分かるのは「借入可能額」だけです。

審査に通るか通らないかの診断は、仮審査に申し込まないと分かりません。

ちなみに常陽銀行と静岡銀行の両方で同じ条件を入力して診断した結果、借入れ可能額の目安が30万円ほど違いました。

このように銀行によって結果は異なってくることがあるので、複数の銀行で診断することをオススメします。

最も条件の良い借入先を見つけるために、面倒臭くても必ず複数の金融機関を比較するようにしましょう。

借入れ可能額が5秒診断で分かる銀行マイカーローンは下記になります。

しずぎんマイカーローン

常陽銀行マイカーローン

 

審査可否については仮審査に申し込むこと

審査が通るか通らないかについては、仮審査を利用することになります。

最近のマイカーローンでは仮審査に申し込んで審査を受けてから、審査通過した場合に本審査に申し込む流れになります。

仮審査と本審査の違いについては、具体的に明記されていないので詳細はブラックボックスの中です。

分かっていることは、仮審査に通っても本審査に落ちる可能性はあるということです。

本審査で落ちる場合のケースとしては、
・提出書類に虚偽や不備があった
・仮審査から本審査までの間に信用情報に悪い変化があった
などが考えられます。

嘘偽りなく仮申込時に信用情報を入力していれば、書類提出後の本審査も通過する可能性は高いと言えます。

ちなみに仮審査の入力項目は、5秒診断のように3項目程度で終わる簡単なものではありません。

年収や勤務先情報から健康保険の種類や他社借入状況まで、しっかりと入力しなければなりません。

仮審査と本審査で差異があると審査落ちしてしまう原因になりかねないので、仮審査申込時にしっかりとデータ入力しておきましょう。

 

仮審査自体は早ければ、即日~翌営業で審査結果が分かります。

その後本審査に申し込んでからは、書類到着後1~2週間程度で審査結果が分かります。

フリーローンでキャッシングなどを経験したことがある人は、もっと簡単診断してもらえないかと思うかもしれません。

しかしマイカーローンについては、フリーローンのように簡単診断で審査を受けられることはありません。

自分の信用情報をしっかりと調べたうえで、申し込みをするようにしましょう。

【ネットで仮審査に申し込める銀行マイカーローン(全国対応)】
住信SBIネット銀行マイカーローン
静岡銀行マイカーローン
常陽銀行マイカーローン